葉酸は流産予防に効果がある?

*
不妊に葉酸は効果をもたらす? > 葉酸 > 葉酸は流産予防に効果がある?

葉酸は流産予防に効果がある?

流産の原因

せっかく授かった赤ちゃんを抱くことなくお別れをしなくてはならないのは、誰にとっても、その後の人生を変えるくらい非常に辛い経験です。

何かもっとできることがあったのではと自分を責めてしまう女性も少なくないですが、ここでは流産の予防に効果があるという葉酸の摂取について、詳しく見ていきたいと思います。

流産の原因

22週(胎児が母体の外で生きられない週)までに終わってしまった妊娠のことを、「流産」と定義します。中でも12週未満での流産が全体の約80%を占め、全妊娠の15%は流産に終わってしまうと言われています。

これら早期の流産の原因の多くは胎児側にあるため、母親の行動が影響したというケースはほとんどありません。

また胎児側の原因とは「染色体異常」のことを指し、もともと正常に育つことのできない受精卵であったということを意味します。

日本では流産を継続して3回繰り返した場合、「習慣性流産」といって父母双方の卵子・精子の異常や子宮の疾患などが疑われるため、検査が必要となってきます。胎児の染色体異常による避けられない流産と違い、この場合原因が特定できることばほとんどですから、治療の末元気な赤ちゃんを出産することができたというカップルもたくさんいます。

流産予防に効く葉酸サプリの力

流産予防に効く葉酸サプリの力

妊娠中にきちんと葉酸を摂ることによって、

・胎児の先天性奇形による流産
・科学流産
・稽留流産

を防ぐことができるといわれています。

主に知られている妊娠中の葉酸の役割といえば胎児の先天性奇形を予防することですが、他にも妊娠前の女性の子宮内膜を厚くふかふかに整えたり、胎児の細胞分裂を促し遺伝情報の伝達をスムーズに行ったりする働きをします。

子宮内膜がふかふかで血流も良く整っていれば受精卵の着床時によりよく根付きやすくなるため、科学流産の予防になります。

また胎児の成長が促進されることで、胎内での死亡率を下げるとともに発育不足による稽留流産のリスクを減らすことが期待できるでしょう。

妊娠前から葉酸サプリを摂ることで流産予防に

ハーバード大学公衆衛生大学院の研究によると、妊娠前から葉酸を摂取していた妊婦の流産率がなんと20%ほども下がったいうことで、葉酸が流産予防に効果を発揮することが証明されました。

この調査は過去に流産経験のない11072人の女性、総妊娠数15950回を対象に行われ、全体の流産率が17.3%に対し、妊娠前から葉酸サプリを摂取していたグループの流産率は13.8%と有意に低いことがわかりました。

この結果から、妊娠前からの葉酸摂取がいかに重要かが見て取れますね。

日本では実際に妊娠するおよそ1か月半前からの葉酸摂取が推奨されていますが、これは全回の生理が始まる前から継続して飲み続けなくてはならないことを意味します。

胎児の先天性異常が起こるのもお母さんが妊娠に気づく前であることから、やはり妊娠を考え始めた時点ですぐに葉酸摂取を開始することがもっとも重要なことがわかります。

葉酸は流産予防に効果がある?関連ページ

葉酸サプリで腹痛が起こった?!原因と対処法
特定の葉酸サプリを飲んでお腹がゆるくなったり、腹痛を起こしてしまうという人が、まれにいるようです。 ほとんどの […]
葉酸サプリと鉄分の併用はNG?
「妊娠を機に葉酸サプリを飲みたいけど、妊娠中には鉄分も十分摂りたい!・・・でも一緒に飲んでも副作用など起こらな […]
葉酸サプリを過剰摂取する流産?
妊娠中の葉酸サプリ摂取はもはや常識となって久しいですが、飲まなければならないからと意識しすぎて過剰摂取に陥った […]
葉酸が不足する不妊に?
妊娠中を除いては、日常的にそれほど心配されることもない葉酸の不足ですが、じつは体に大きな影響を与えるほど重要な […]

トラックバックURL

http://infinidb.org/yousan/ryuzan/trackback